Chronicle

深日港 - fuke port

深日洲本航路が期間限定で復活しています。

先日はこのフェリーで淡路島に足を運んでみましたが、今回は淡路島に帰るシロクマを見送りに深日港まで行ってきました。

 

 

船出のときは、スタッフ総出で手を振ってくれるんです。

 

今回の航路は、いわゆる「地方創生」による大阪府岬町(及び兵庫県洲本市)の目玉施策として実施しているもので、1日4便のフェリーに片道1,500円(2017年6月下旬から9月下旬まで期間中いつでも利用可能なフリーチケットは108,000円)で乗ることができます。往復の場合は復路が1割引となります。折りたたみができるツーリング用の自転車は積むことができますが(8月上旬からは折りたたまなくてもよくなったそうです)、バイクや自動車は乗せることができません。「なあんだ、車が積めないのか」という方もいましたが「積めても乗らないでしょ?」とツッコミを入れそうになったのは内緒ということで。

深日港の最寄り駅である南海電鉄深日港駅は、かつて急行列車が停車し淡路島や四国に向かう乗船客用の木造改札が活躍していました。今は使われていませんが、木造改札そのものは現在も残っています。

 

 

さて、深日港のかいわいを歩いていると、レトロな誂えの岬町役場があり、青木松風庵(岬町は青木松風庵創業の地でもあります)があり、そしてかつての港町を思わせる旅館が残っていました。夕陽がとても似合うまちで、「ノスタルジー」が好きな人にはたまらないかもしれません。

 

 

深日港から洲本に行く場合、朝一番から行くのもありですが、個人的なお薦めの時間は、午後3時に深日港を出発し、洲本市内を散策し(洲本の市街地は平坦で歩いて回れます)、午後7時の便で帰るパターンです。わずか半日ですが、ちょっとした淡路島観光が楽しめますし、帰りはナイトクルーズが楽しめます。

コメントする : comments(0)
養老天命反転地 - site of reversible destiny

あてのない旅に出ていました。

足を向けた先は、岐阜県養老町の養老天命反転地(ようろうてんめいはんてんち)。養老の滝の近くにある公園です。

 

 

養老天命反転地は、さまざまな楕円形を組み合わせて構成されるアーティスティックな公園として近隣では比較的知られていますが、建物のコンセプトがよく練られていて、「現在の世界の絶望的な状況を希望ある未来へ転換させる」「死を前提とした消極的な生き方を改め、古い常識をくつがえす」「私たちをヨチヨチ歩きの状態に戻して知覚を再構築させる」などは柔弱な心にひとつひとつ突き刺さりますので、「アートでデトックスしたい方」にはお薦めですが、「安全」を優先される神経質な方にはおよそお薦めできないと思います。

 

 

 

建物の内部はこんな感じで、たくさんの人が遊んでいました。

 

 

ほとんどの地形は楕円形で構成されていますので、とにかく足を中心に身体を動かします。

出口付近ではうんざりした顔で「やっと外に出られた!」と叫ぶようにつぶやいていた方がおられましたが、普段運動していない人には相当きつい場所で、ぼくも暑さとしんどさで何度も吐きそうになりました。

岐阜県の消防隊員・団員の皆さんは入場無料になるそうで、彼らにとっては「軽くトレーニングする場所」として認識されているのかもしれません。

 

はじめて反転地に足を運ぶ方へのアドバイスとしては、楕円の上を歩くのでハイヒールやサンダルで行くと確実に地獄を見ることと(クロックスはセーフです)、また、「約束ごと」が多い(たとえば、「切り閉じの間を通るときは夢遊病者のように両腕を前へ突き出し、ゆっくりと歩くこと」など)ので、中に入る前にパンフレットを熟読しておくことです。

あと、写真撮影泣かせの場所でもあり、相当な技量が要求されます。普通にインスタ蝿の写真を撮ろうとしても、散漫な写真ばかりで散々な結果になります。見ておわかりのとおり、ぼくはまったくろくな写真が撮れませんでした。

 

 

続きを読む >>
コメントする : comments(0)
測候所 - weather measurement station

 

洲本にて。

久しぶりに「測候所」という言葉を見ました。現在は人のいない測候所は「特別地域気象観測所」という言い方になっているそうです。

コメントする : comments(0)
フォンリ(鳳梨) - pineapple

 

スナックパイン。この前の休みはちぎっては食べちぎっては食べを繰り返していました。

コメントする : comments(0)
書類 - documents

銀聲舎の仕事は4月から6月までは基本お休みですが、この時期はいろんな申請書類を書く準備を進めています。

意外と多いのは推薦書類です。秋に間に合わせるためにはだいたいこの時期に書き上げてしまう必要があるのですが、手こずっているとすぐに時間切れになってしまいますので、この時期は意外に焦っていたりします。

 

コメントする : comments(0)
ノーカーボン・ノーライフ - no carbon no life

ぼくの食生活はかなり無茶苦茶だといわれたことがあります。

実はぼく、お肉お魚お野菜も実はあまり好きではなく、「普段の食事なんて一汁一菜でいい」という考えに共感しながら実は汁も菜もあまり好きではない、スイーツ男子もとい中年というわけでもなく(チョコレートは好きだけれども、ケーキは食べない)、とにかく炭水化物に味がついていれば大丈夫という人種で、自宅の台所にも見たこともない調味料だけはあるけれども、それをつくって食べるものはおそろしく画一的で、たとえば「◯◯ライス(◯◯ハン)」「◯◯パスタ」「◯◯ポテト」。ぜーんぶ炭水化物がもとになっています。

おなかがぽっこりしてきたときに知り合いから勧められたのが低炭水化物ダイエットです。でも、炭水化物のない生活はぼく的にありえない(ぼくは「ノーカーボン・ノーライフ」と言っています。)ので、そのかわりどんだけ身体を動かさなければならないのかと頭をかかえてしまうはめになったり。

コメントする : comments(0)
岩代駅 - iwashiro station

 

 

きのくに線岩代駅の落書きに、あぜん。

でもこれは、JRによる「現代アート」の作品なのだそうで、地域の皆さんはアートあふれる駅舎になったことを喜んでいるそうです。

 

ここのところ体調の悪い日が続いています。結局晩になってもすぐれないまま。明日は体調が戻るかな?

コメントする : comments(0)
ペブルタイム - Pebble Time

ペブルタイム(Pebble Time)というスマートウォッチを使い始めて半年が経ちました。
これまでのぼくは「腕時計はアナログ!」だったのですが、アップルウォッチを見てからスマートウォッチに興味を持つようになり、あれこれ比べてみた結果、この機種を使ってみることにしたのですが、3ヶ月たちましたので簡単な使用レポートをアップロードします。
ぼくがスマートウォッチに求めている機能は「メッセージの内容確認」と「予定のアラート」のふたつです。
ペブルタイムは実売価格が1万円前後と安く、かつ両方の機能を持っています。工場出荷の状態では日本語化されていませんが、スマートフォン経由で「日本語言語パック」をインストールすることで、さまざまな通知を読むことができるようになります(ただし、JIS第二水準以上の漢字には対応していません)。
前者の機能についていうと、電子メールだけでなく、LINEやmessengerのメッセージをリアルタイムで読むことができます。これはとても便利。bluetoothの受信状況が悪いとたまに届かないこともありますが、それでも便利さを感じると思います。
後者の機能についても、1日いくつかの予定をgoogleカレンダーに入れる程度という人なら問題なしです。もっとも、内蔵メモリは多いわけではありませんので、たとえば5分刻みのスケジュールを入れるとしょっちゅうバグを起こし、使い物にならなくなります。
ペブルタイムの一番いいところは、E-INKを使っていることもあって電池が2.5日もつことです。1日くらいなら充電しなくてもなんとかなりますし、2日でもなんとかもつんですよね。

コメントする : comments(0)
津秦駅 - tsuhada station

たま電車で有名な和歌山電鐵貴志川線の沿線に「津秦(つはだ)天満宮」という神社があります。最近このあたりを車で走っていると、「津秦に駅をつくろう」というスローガンがありました。

かつてこの神社の東側空き地に駅があったという話を聞いたことがあります。公的な記録はまったく存在しないのですが、駅の存在については和歌山県会議員を務める片桐あきひろ氏のブログなどでも言及されていて、またニュース和歌山の記事によると、いわゆる祭事のときだけ停まる「臨時駅」の扱いだったようです。

「津秦駅」の写真に映っている少女の服装は夏服なので、おそらく7月25日に行われる例祭のときに撮られた写真なのかもしれません。

コメントする : comments(0)
待ち合わせ - waiting

コメントする : comments(0)
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE